格闘漫画(ゲーム)キャラで「最大トーナメント」

はじめの一歩、刃牙(バキ)、修羅の門、ストリートファイターなどの漫画、ゲームなどのキャラが最大トーナメントで闘う二次創作SSを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1回戦第2試合③「コータローVSヴェガリー」

闘場にいる二人の獣。
コータローの高いレベルでまとまった空手がヴェガリーを襲う。
風を切る回し蹴り、
とても高校生とは思えないキレで放たれた蹴りであったが、ヴェガリーはそれをなんなく防ぐ。
「おっさん、普通の格闘技やらせても十分強いじゃねえか」
その言葉に飽きれたように手を挙げ、ポケットに右手をつっこみ返答する。
「楽に勝てるならそれにこしたことはないだろ。だから裏技を使うんだよ・・・こんな風にな!」
ポケットから出された右手が弧を描いてコータローに襲い掛かる。
「不意打ちなんて子供っぽい真似にひっかかると思ってんのかよ」
そういうと、軽くスウェーバックでそのフックを避ける。

ブシュウゥゥィ!!

勢いよく血が噴出す。
避けたはずであった。しかし、目蓋の上、額の辺りからは多量の出血がおき、
両目を血でふさぐ勢いだった。

「くっ・・・隠剣か!!?」
そう、ヴェガリーはポケットに仕込ませた隠剣を用いてコータローの額を切り裂いたのだ。
無論、見つかれば反則負けである。
しかし、審判の丁度見えない角度で、更に素人目ではパンチがカスって切り裂いたのだろうと思わせるほどの鋭いパンチを放っていた。

ヴェガリーは止めを刺すために近づき、そして渾身のハイキックを放つ。

決まった・・・ヴェガリーはそう思った。
相手は自分の姿が見えてないのだから。

風を切って向かってくるハイキック・・・絶体絶命と思われたその瞬間。

スッ・・・。

『うおぉぉおぉぉぉぉ!!!!!』
観客のボルテージが上がった。
それもそのはず。
目の見えないはずのコータローはそのキックを見事にかわしてみせたのだ。

「なっ!?偶然に決まってやがる!!!!」
更に追い討ちをかけるがごとくラッシュラシュラッシュ・・・猛ラッシュを繰り出すヴェガリー。

その一撃一撃を見事に避けている。

「・・・!!!?貴様あぁ、俺をコケにしてるのか!?」
気が着くとコータローの顔には笑みが浮かべられていた。
「だって、気持ちいいんだもん」
そういうとコータローは繰り出されたパンチをバク宙で見事に避けて見せた。

「おっさん、よくも俺の超美形顔に傷をつけてくれたな。こいつはかなり痛いから覚悟しとけよ」

そういうと、コータローは軽やかなステップを踏み始めた。

そして・・・

コータローが2人に、3人に、そしてみるみる増えていく・・・

百 人 拳 !!! 

自然の摂理に逆らって極限まで無駄な動きを追求した自由流の奥義である。

混乱したヴェガリーになすすべがあるわけもなく立ちすくむ。
そして、
どおぉぉぉぉぉん!!!!!!
大きな炸裂音ような音とともにコータロー最大の一撃「発頸」が炸裂する。

吹き飛ばされたヴェガリーが立ち上がれるはずもなかった。

そして高らかに宣言される
「勝負あり!!!!!!!!!!」

あまりの光景に見とれていた観客が徐々に我に返って、そして。

『うおぉぉぉぉ!!!!!!!』
『すげえぇぇ、お前何者だぁぁ!?』
『次もがんばれよな!応援するぜ!!!』

会場がコータローの勝利を祝福してくれた。

───真由美、必ず助けるからな。
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/06/29(木) 18:28:28|
  2. 1回戦第2試合「コータローVSヴェガリー」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1回戦第2試合②「コータローVSヴェガリー」

激闘により更にヒートアップする客席の最上段に1人の男が立っていた。
その男は片目に眼帯をつけていた。
男は嬉しそうに闘場を見つめる。
「いやいやいや、やはりそうこなくっちゃね。私の言ったとおりでしょ?ヴェガリーは絶対に勝てる闘いしかしない…言わば温室育ちのままごと格闘技しかしてないんですよ。
それに比べてあの少年、まだ年端もいかないが、なかなかどうして数多くの修羅場を抜けてきてるみたいですよ。
ヴェガリーなんかに遊ばせるのは100年早いですよ。くっくっく」
その男は隣にいる老人に声をかけていたようだ。
「ふむ…で、自分ならやつを満足させられる…と?」
眼帯の男は狂喜の笑みを浮かべながら
「いやいやいや、そこまではいってませんがねぇ。しかし、彼に先に目をつけていたのは私でしてね、他のやつに殺らせるのは釈然としないのは確かなんですよね」
男はポリポリと頭をかく。
老人は呆れながら
「参加するには欠員が必要じゃぞ。参加したいなら自分の実力で''チケット''を手に入れるんじゃな」
呆れ顔の老人はどこか嬉しそうにそういいはなつ。
「それでは、肩馴らしのついでに一人狩りましょうかね♪」
男が立ち去ろうとしたとき、大会を運営している小坊主がかけよってきた。
「大変です!宮沢静虎様が…」

控え室に行くと、宮沢静虎が血を吐いて倒れていた。

「あらあらあら、欠員を作るまでもなくできちゃったみたいですね。残念♪」

''欠員'という言葉に反応したのか静虎は顔をあげる。
「大丈夫です。これくらいなんともありません…」

眼帯の男は少し困ったような顔をして
「うーん、そうですかぁ。それじゃ仕方ないですね…。では遠慮なく」

遠慮なく?その言葉の使い道に少し怪しむ静虎だったが、
その思考は一瞬にして絶たれることになった。

べこおぉぉ!

現在の空手道においては危険とされて禁止されている竜頭拳が立ち上がることさえしていなかった静虎のこめかみを襲った。
その一撃は意識を…いや、静虎の命をあっというまに奪っていった。

「おっ、いくつかの条件を満たしてしまったみたいですね♪『必殺』の条件をネ。くっくっく、病人に出てもらっても困るんですよねぇ。これで欠員1は確定っと♪」
(私とあたるまでコータロー君もやられないようにお願いしますね♪)
ここに一人の参加者を入れ換えが確定した。

-
脱落:宮沢静虎

参戦:火納江陽水

火納江陽水が参戦を決めたのと時を同じくして、闘技場から大歓声が上がった・・・。

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/06/25(日) 13:41:07|
  2. 1回戦第2試合「コータローVSヴェガリー」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1回戦第2試合①「コータローVSヴェガリー」

一回戦第二試合は抽選の結果こういう組み合わせとなったあぁぁ!
大画面に表示されたのは
高校生空手チャンプの新堂功太郎と元傭兵ブラッドヴェガリーだった。

観客席にたたずむ一人の柔術家、名を本部という者がいた。
「ブラッド・ヴェガリーだと!?なんでこんな大会に出てやがんだ!?やべえ、やべえぞぉ。あいつは純粋な格闘技なんてするわけねえ。
あんなひよっ子の小僧なんぞ、やつの黒格闘技にあっさり呑まれちまうぞい」
汗を流して、誰にともなく解説をする。

ブラッド・ヴェガリーは確かに反則を気にする男などではなかった。
以前行われた異種格闘技トーナメントでは、
その身に仕込んだ暗器を堂々と使い、禁止されている目潰しもためらいなく行う男だった。

ならば新堂功太郎は・・・。

そうこうしている内に試合開始のドラが鳴った。
ドーーーーーン!!!

(くそ・・・麻由美!・・・無事なのか!?)
コータローの心は試合に向いていなかった。

この大会、
ある者はは賞金の為、ある者は名声の為、ある者は最強を目指す為に集まったが、
新堂功太郎は違った。
彼はこんな大会に出るような人物ではなかった。

大切な人・・・幼馴染の麻由美を人質に取られてさえいなければ・・・。

一瞬の心の隙。
その隙をついて、ヴェガリーが必殺の一撃を放つ。
革のベルトを使用した首絞め・・・無論反則である。

静止に行こうとする審判をヴェガリーは一括する。
「おい!!柔道家だって帯を使って締め上げたりするだろうが!それと一緒だよ!!」

その言葉に審判が躊躇する。
無論、それはヴェガリーの屁理屈である。しかし、殺意のこもった目をしたブラッドの言葉に審判は判断を下せずにそのまま立ちすくんだままなのだった。
そしてより一層コータローを強く締め上げる。

「やれやれ、あの坊主わけえのに死んだな・・・。あのベルトはもはや外せねえよ」
本部はヴェガリーの勝ちを確信した。

───麻由美・・・
────絶対助けるから・・・
─────俺が約束破ったことあるか・・・?

(コータロー死んじゃダメ!!!!)

意識を失いかけたコータローの目が覚めた。
今わの際に麻由美が叫ぶのが聴こえた気がした。

首にかけられたベルトに手を伸ばす。

「ふん、まだ意識があったのか。だが無駄だぜ、それはもう外れねえよ」
必死に外そうとするが外せない。
「くっ・・・無理なのか・・・」
(麻由美!!!!!)
「・・・・無理なんかじゃねえええええええええええ!!!!!!」

握力100キロを軽く超える自分の筋力を瞬間的に爆発させて一気にベルトを引きちぎる。

「な・・・引きちぎるって・・・。紐なんかじゃなくて革のベルトだぜ・・・」
(ち・・・なんて握力してやがんだ・・・)

「ゴホゴッホ・・・はぁはぁ。いきなり先制攻撃してくれちゃって・・・100万回ぶん殴る!」

意識は朦朧としながら、気合はまだまだ十分なコータロー。

そして、闘いは第二ラウンドへと入っていく。

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/06/21(水) 17:22:18|
  2. 1回戦第2試合「コータローVSヴェガリー」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

1回戦第1試合②「鷹村VS花山」

クリーンヒットした打撃に対しても、花山は倒れることなく踏みとどまる。
その立ち姿は金剛力士を想像させるように雄大であった。

意識を失ったままの鷹村はなおも容赦ない追撃をかける。

いや、意識がなくなったときのほうがより洗練されていた。

より正確に、より精密に、そしてより効率よくパンチを放つ。
そう、人間を撲殺するのにもっとも効率よくパンチを放っていた。

並みの人間ならいくらグローブをつけているとは言えども、いつ死んでもおかしくないようなパンチが何発も花山を襲う。

恐らく花山は内臓、骨ともに重症を負っているだろう。
それでも倒れることなく、守りにまわることなく己の意を貫き通す。

そして歯を食いしばりつつ、もう一発の大砲を充填していく。

いくら鷹村といえども先ほどのパンチをもう一発食らえば立ち上がれないだろう。
いや、今立って闘っているのが奇跡と言えるのだ。

そして耐えに耐えた花山の一撃が放たれる。

ぶおおおぉぉぉぉん!!!!


ぐしゃ!!!!!!!!!!



嫌な音とともに何かが潰れた音がした。

そして殴り合いの音は止んだ。

闘場には二人が立っていた。

しかし、片方の意識は既になかった。

意識がないのは・・・・・花山だった。

渾身の一撃を放ったとき、無意識のはずの鷹村がそれは見事なカウンターを放った。
綺麗な放物線を描いた鷹村のパンチは花山の打撃力に自分の体重をプラスして脳を揺らした。
そして花山の意識は遠くに連れて行かれていた。

最初は対応することもできなかった鷹村が、
意識を失った今、あんなに見事に反応できると誰がよそうできただろうか。

野生の本能に繰り返された武の鍛錬。
これまでボクシングに全てを捧げてきた鷹村、
努力した者が報われた瞬間だった。

そして、花山も一度も倒れることなく、己の意を崩すことはなかった。
それもまた一つの武の形であると思う。

そして試合終了のドラが鳴る。
「第一試合勝負あり!!!!!!!!!!」

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/06/19(月) 21:16:17|
  2. 1回戦第1試合「鷹村VS花山」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

1回戦第1試合①「鷹村VS花山」

「それでは第一試合を開催する!!」
公平を期すために対戦の組み合わせは試合直前に発表されることになった。
「第一試合からやってきた!!!2階級制覇世界チャンピオン、未だ負け知らずに鷹村守。対するは、伝説のヤクザ、喧嘩試花山薫だあぁぁ!!」
白虎の方角からやってきたのは、グローブをはめた鷹村。
その目には緊張も気負いもない。
ボクシングでも、喧嘩でも自分が負けるはずがないという自信があったからだ。
そして青龍の方角からやってきたのは花山薫。
ふんどし姿の花山の肉体につけられた傷の数々は正に歴戦の勇士。
どれほどの修羅場をくぐってきたのかが容易にわかるものだった。

会場のボルテージも上がっていく。
かつての最大トーナメントを見に来ている客にとって、世界チャンピオンの肩書きなんてどれほど役に立たないのかわかっていた。
この闘場において、信じられるのは「武」のみ。
そして、花山にはその「武」があるのを知っていた。

観客の予想では7:3で花山有利と見る目が多かった。

───そして試合開始を告げるドラが鳴り響いた。

勢いよく飛び出した鷹村。
重量級とは思えぬスピードで近づき、そしてパンチのラッシュ。

攻める攻める攻める攻める攻める攻める攻める攻める攻める
攻める攻める攻める攻める攻める攻める攻める攻める攻める

そのパンチは全て的確に花山を捉えていた。
・・・いや、正確には花山は避けることも防御することもせずにに力を蓄えていた。

花山の鼻から、口から血がしたたる。
実際恐ろしいほどのダメージを受けているだろう。

それでも、花山は力を貯めて一発を打つために体勢を整える。

そして

ぶおおぉぉぉぉ!!!!

轟音とともに放たれた花山の拳は重量級の鷹村を宙へと舞わせた。

ドスウゥゥゥン

大きな音と共に鷹村は落ちた。

誰の目から見ても鷹村はもう立てないレベルのダメージを受けていた。

そして「勝負あ・・・」
ブウゥン!!
勝負ありの掛け声をしようとした審判の肩口から花山に向かってパンチが飛んだ。
突然の反撃に歯をかみしめてなかったので、数本の歯が飛んでいった。

ふしゅうううぅぅぅぅ!!

意識は飛んでいる・・・。
しかし鷹村は立っていた。

人の皮を被った野生の獣の本性が解き放たれたときだった。

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/06/18(日) 11:58:23|
  2. 1回戦第1試合「鷹村VS花山」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

参加者紹介

ドリームマッチ・最大トーナメント!!!!

この地に導かれし16名。
今日は思う存分に闘ってもらうぞおぉぉ!
優勝者に与えられるは、地上最強への挑戦状!


ここに、誰しもが認める地上最強の2人をまず紹介しよう!



親バカだけど地上最強!
誰もが認めるその実力は一国の軍隊にも匹敵する、オーガ範馬勇次郎!!!


修羅の道を突き進み、極めしは鬼の拳。
殺意の波動をも己の支配下に置いてる、もう一人のオーガ豪鬼!!!


そして、彼らへの挑戦権を得るために集められた16人も続々と紹介だ!



まずは、漫画「はじめの一歩」より1名が参戦だ。

ボクシングだけには常に誠実に、クマをも屠るその拳は未だ負け知らず。
日本ボクシング界の生ける伝説、今宵も日本の鷹は空を駆けることはできるのか!?鷹村守!!


修羅の門からは二名の猛者がやってきた。

無手で1000年無敗の歴史は伊達じゃない!
己の修羅が自らの最強を証明する!陸奥九十九!!


格闘技者が格闘技最強なんて嘘だ!
常に生と死の隣り合わせで生き抜いてきたソルジャー!勝つためにはなんだってする男、ブラッド・ヴェガリー


本家最大トーナメントを開催したグラップラー刃牙より参加するのは4名。

ご存知、地下格闘技場の最年少チャンピオン。
本誌で堕ちた主人公はこのトーナメントで勝ち残ることはできるのか!?範馬刃牙!!


まだまだ現役、虎殺しの異名は伊達じゃない!
かつて勇次郎と熱戦を繰り広げた時よりも更に強く!愚地流空手の創始者、愚地独歩!!


喧嘩なら誰にも負けねえ!型なんかにはまらない最強のヤクザ。
今宵も任侠の背中に彫られた戦いの歴史を見れるのか!?花山薫!!


中国からやってきたツンデレ海王!
常にシリアスを演じているが、読み手からすればネタの宝庫だ!
今宵はどんな話題を振りまいてくれるのか!烈海王!!  


ゲーム、ストリートファイターからは3名の参戦!

最強を目指して・・・拳の求道者の行きつく先は殺意なのか、それとも・・・。リュウ!!


暗黒の力を支配する、禍々しいオーラを身にまとって登場したのは、
闇の組織シャドルーの総帥、ベガ!!


真剣な戦いの中でいつも僕らに笑いをくれたよね!
みんなに馬鹿にされても戦い続けるんだ!!ダン!!


バキと同じ板垣作品の餓狼伝からは2名がやってきた。

寸止め空手は弱いなんてもう言わせない!!
実戦空手に挑戦状を叩きつける、禁じられた拳を開放するのはいつの日なのか!?神山徹!!


理不尽を貫くことが最強!北辰館の館長にして北進館最強!!
今もまだまだ成長期だ、松尾象山!!


TOUGHからやってきたのは2名。

最強のオトン、親父の愛は世界最強!
灘神陰流の全てを知るジェントルマン、静かなる虎、宮沢静虎!!


オーガに最も近いのはこの男か!?
同じ灘神陰流の使い手でも、殺意が違う、暴力が違う!宮沢鬼龍!!


龍狼伝より1名がやってきた。

三国志の凄惨な争いの中で生きてきた真の武人、
仙人の技を使う彼に敵はいない!?天地志郎!!


コータローまかりとおるより1名参戦。

史上最強、最自由の高校生!
全国高校空手のチャンプということ以上に数々の実戦経験が凄い!この男の力は計り知れない、新堂功太郎!!


以上16名による最強を決める戦いが今始まる!!!!

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/06/17(土) 02:07:47|
  2. 参加者紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

GRaMXs

Author:GRaMXs
最大トーナメントの二次小説を書いています。
もし応援してくださるのなら、
リンクにあるFC2ブログランキングをクリックしていただけると
幸いです。

真・最大トーナメント

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキング http://ping.kutsulog.net/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。