格闘漫画(ゲーム)キャラで「最大トーナメント」

はじめの一歩、刃牙(バキ)、修羅の門、ストリートファイターなどの漫画、ゲームなどのキャラが最大トーナメントで闘う二次創作SSを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1回戦第3試合①「天地志郎VSベガ」

1回戦第3試合の対決は
三国時代で仙道を極めた男、天地志郎。そしてシャドルー総帥にして悪意の塊ベガの対戦だ!!

──天地志郎控え室
そこには試合前とは思えないほど落ち着いている少年がいた。
くぐってきた修羅場の数は恐らく参加者中で最も多いだろう。
平和なこの時代を謳歌しているものとは比較にならないほどの胆力を持っていると思われる。
「ふぅ・・・一回戦からベガとあたるとはありがたい。
僕がこの時代に一時的に戻ってきたのはやつを倒すためだから・・・。早くもとの時代に戻りたい・・・。」

少年は神の使い龍神の力を借りてこの現世に戻ってきていた。
龍神は言った。

 志 郎 ・ ・ ・ お 前 の 生 き て い た 時 代 に
 覇 王 の 種 を 持 つ 者 が 現 れ た ・ ・ ・ 
 も し も 覚 醒 す れ ば 手 を つ け ら れ ぬ よ う に 
 な る や も し れ ぬ ・ ・ ・
 

「僕は・・・真澄と一緒に帰ってくる故郷を守りたい・・・」

そう言った志郎の言葉に同調したのは龍神か・・・志郎の天運の相を司る額が熱くなったかと思うといつの間にかこの時代に飛ばされていた。

「天運の相を持つ者と覇王の相を持つ者は闘う運命にあるということか・・・」

その運命に少しウンザリしたような表情を一瞬見せたのは気のせいだったのか。
龍の化身は闘場へ足を進める。


──ベガ控え室
そこには血まみれで横たわる一人の中国人女性とその血溜まりの上で笑みを浮かべている軍服の男がいた。
「ふははははは。春麗とか言ったか?父親の仇らしいが知らんな。その程度の力でワシを殺せると思ったか?
サイコパワーをワシが授かったときからこの地球上でワシは最強の存在になったのだ。フハハハハハハ」
怪しく光るその目には明らかな狂気が宿っている。
「今、ワシのサイコパワーは極地に達した。そのサイコパワーがワシに言うのよ、『天地志郎を殺せ』『全てを滅せよ』とな」

狂気に支配された男は、己が操っていると思っている力に操られていることに気づくこともなく
自信に満ちた不敵な笑い声を木霊させながら闘場へ向かっていった。
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/05(水) 17:24:42|
  2. 1回戦第3試合「天地志郎VSベガ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1回戦第3試合②「天地志郎VSベガ」 | ホーム | 1回戦第2試合③「コータローVSヴェガリー」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gran0393.blog71.fc2.com/tb.php/7-fc73dbc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GRaMXs

Author:GRaMXs
最大トーナメントの二次小説を書いています。
もし応援してくださるのなら、
リンクにあるFC2ブログランキングをクリックしていただけると
幸いです。

真・最大トーナメント

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキング http://ping.kutsulog.net/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。